Warning: include(../../sys/header.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /virtual/nuko/public_html/nuko.info/old/tool/vp/index.html on line 4

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../../sys/header.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /virtual/nuko/public_html/nuko.info/old/tool/vp/index.html on line 4

◆Visual Property◆

Visual Property は、ParaFla! が2005年5月時点で苦手としていた、
視覚的なオブジェクト配置をサポートするためのプロジェクトファイル(pfl)です。
現在は、既にParaFla本体で視覚的な配置をサポートしています。


index - / サンプル&ダウンロード / 使い方 /


サンプル&ダウンロード


Warning: include(../../sys/swf.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /virtual/nuko/public_html/nuko.info/old/tool/vp/index.html on line 40

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../../sys/swf.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /virtual/nuko/public_html/nuko.info/old/tool/vp/index.html on line 40

⇒Download (8KB)

導入手順

1. ファイルをダウンロードして、解凍します。
2. 使用したいpflを開き、メニューから [ファイル]→[プロジェクトのインポート] を選択します。
  ※VPは、ID[9800〜9810]を使用します。元pflのID[9800〜9810]を空けておいてください。
3. [ファイル名] の部分で、ダウンロードしたvp.pflを指定し、[インポート] を押します。

使い方

1. ID9801「VP 【放り込み専用】」スプライトを「編集」します。
2. そのイベントリストに、実際に配置したいアイテムを追加します。(座標等をいじらないこと)
  もし目的のアイテム以外のイベントが入っていれば、削除してください。
3. 実際に配置したいイベントリストに移動し、ID9800の「Visual Property」スプライトを追加します。
4. プロパティを開き、「固定画面(最上階層を推奨)」にします。
5. プロパティを閉じ、上部メニューのプレビューボタンを押します。
6. プレビューウィンドウ内でオブジェクトを操作(別記)し、目的の配置にします。
7. そのままイベントリスト内の「Visual Property」のプロパティを開き、
  プレビューウィンドウから数値をコピペします。
8. 最後に、プロパティの「ファイルID」を、実際に配置したいアイテムのIDに変更し、
  必要であれば固定画面の階層を調整して、終了です。

pdrファイルとスプライトについて
pdrやスプライトの場合は、サイズの取得がなんかうまくいかないので、
ID:9802のテキストを編集して「幅*高さ」または「幅x高さ」のように記述してください。(改行禁止)
(例)100*200 とか 150x80
それら以外の場合は、「--」等の「xと*のどちらも含まない文字列」にしておいてください。

VP本体の設定
ID9800のスプライトを「編集」し、1行目の「アクション:スクリプト[設定]」イベントの「スクリプトを編集」します。
そこでVPの各パーツの色や透明度を、製作中のFlashに合わせて変更できます。
その他には、角度の表記方法を切り替えることができます。

→ちょっと便利な使い方

操作方法



編集レイヤー
・「中心点」は、ドラッグや「中心点ボタン」で設定します。
・「オブジェクトエリア」をドラッグすると、オブジェクトの移動が可能です。
・「右下の拡縮ハンドル」のみ、Shiftを押しながらドラッグすると、縦横比を1:1のまま拡縮します。
・マイナス方向への拡縮もできます。

出力レイヤー
・「Spaceキー」で表示・非表示が切り替えられます。
・「ハンドル」をドラッグして、移動できます。
・「中心点ボタン」は、左から「オブジェクト中央」、「左上」、「左下」、「右下」、「右上」。
・各フォームに直接、数値を入力できます。

ちょっと便利?な使い方

1. VPで調整するための専用のアイテムIDをひとつ確保します。
  ※8888等の、覚えやすく、邪魔にならないものを推奨。
2. ID9801「VP 【放り込み専用】」スプライトを「編集」します。
3. そのイベントリストに、ひとつだけ適当にアイテムを入れておきます。(何でも良し)
4. そのイベントのプロパティを開き、「ファイルID」を1で決めたIDにします。
  ※プロパティを閉じると、イベントの「種別」欄が「????」になります。

こうしておけば、VPで調整したいアイテムを変更する時に便利です。
いちいち放り込み専用スプライト(ID9801)を開いて編集しなくても、
アイテムリストから目的のアイテムのIDを、一時的に調整専用IDに変更するだけで、
簡単に調整対象のアイテムを変更することができます。
調整が済んだら、忘れずにIDを戻しましょう。


Warning: include(../../sys/access.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /virtual/nuko/public_html/nuko.info/old/tool/vp/index.html on line 128

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../../sys/access.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /virtual/nuko/public_html/nuko.info/old/tool/vp/index.html on line 128

Warning: include(../../sys/footer.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /virtual/nuko/public_html/nuko.info/old/tool/vp/index.html on line 130

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../../sys/footer.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /virtual/nuko/public_html/nuko.info/old/tool/vp/index.html on line 130